MESSAGE

株式会社シスケア

輝いている日々を支える手は見えなくてもいい。
主役は、そこに生きている一人一人だから。
すべての人に誇りある人生の背景を提供します。

シスケアは、高齢者向け住宅や福祉施設の設計と、介護事業のコンサルティングを事業の柱としています。
会社のスタートは、1986年に創業した一級建築士事務所。
そこで利用者のためのホスピタリティ建築を手がけるうちに、ある想いが明確になってきました。
「設計・建築だけでなく、その建築の運用で社会貢献を目指したい」
それまでは介護事業の会社はあっても、
開発や設計、建築、運営、販促活動などを一貫してプロデュースする会社はありませんでした。
介護コンサルタントは「どう運営するか」は教えてくれても建設にはノータッチ。
建設会社は「指示してくれればそのとおりに作ります」と図面での指示を要求。
土地オーナー様や施設の利用者様など、そこに関わる人々の利害がぶつかってしまうこともありました。
本当に必要とされるものを提供するためには、これではいけない。
最初から、福祉施設に詳しい建築士だけではなく、施設計画詳しい福祉系専門資格者だけでもない、
様々な分野のスペシャリストが机を並べるチームが必要だと、強く感じました。
「福祉事業をより発展した形で世の中に送り出したい」
─── そうして介護事業のコンサルティングチームが発足し、今の形のシスケアが誕生しました。

私たちは、事業が分かれているために起こる齟齬の解消と、
関わる人すべてにメリットのある仕組みづくりを目指しています。
社会貢献のための介護・保育・支援などと、
事業としての施設運営、双方の両立を可能にしたい。
それが、より息の長い、ひいては社会のためになる福祉事業を
展開することにつながると信じるからです。

シスケアは、異なる専門領域のチームがそれぞれ影響を与え合って進化しています。
設計、営業、介護事業コンサルティング。
すべてのスタッフがワンフロアで顔を合わせ、コミュニケーションをとり、提案し合う。
これが私たちの強みです。
自分の専門を超えたやり取りでイノベーションが生まれる。
すべての立場のお客様に満足してもらえる解決方法を提案できる。
提供する建築やサービスを通して、関わる人すべてに幸せになってほしいという、
裏方としての私たちの思いが結実する場所。
それが、ホスピタリティを追求してきたシスケアです。

株式会社シスケア 代表取締役 太田 裕之
株式会社シスケア 代表取締役 太田 裕之