WORK CONTENTS

心地よいデザインと
専門的な機能性の両方を実現する。

■ シスケア設計の特徴

設計にあたって重視するポイント

  • ◎ コンセプトを実現するための設計提案
  • ◎ ライフサイクルコスト
  • ◎ 魅力的かつ機能的なゾーニング
  • ◎ 省エネへの配慮
  • ◎ 入居者中心の居住性
  • ◎ 効率的な動線を意識したデザイン
  • ◎ 採算性を考慮した設計

シスケアの設計・監理は業務の約95%が福祉施設という、専門性の高いジャンルに特化して業務を行っています。また、同社の介護事業コンサルティンググループと連携しながら設計・介護それぞれの専門知識と経験、アイディアを最大限に活かした体制で臨んでいます。

■ 施主様のニーズやご意見をしっかりと反映

デザイン検討の前にご要望についてチェックリスト等を使用しヒアリングを行ったうえで、議事録等で記録を残し確認をとります。
打ち合わせ毎にイメージ写真等を使用して各部のデザイン提案をし、プロセスと理由の説明をきめ細かく行います。
デザインについては、確実なコンセンサスがとれるようコミュニケーションを密にとったうえで決定をします。

■ スケジュールの重視

円滑かつ効率的な業務進行のために、的確にスケジュール管理を行います。プラン作成・チェック・打ち合わせはスピード感を持って行います。決定事項のマイルストーンをあらかじめ提示したうえで、状況に応じて柔軟に対応できるようにします。


ご相談は無料で承ります。ご相談・資料請求はこちら